ドルの価値
Home » スタッフブログ » キャッチャーミット破れ修理

キャッチャーミット破れ修理

カテゴリー : スタッフブログ 2012.10.9

本日は、キャッチャーミットの修理について少し。

ご入院されたミット君です。

どこを怪我されたかというと、写真のウェブの部分です。

これは、本当に良くある破れの症状ですね。
修理方法は、色々やり方があるのですが、
今回は、その一例を。

主な修理方法は、破れの部分をガバッと覆って縫ってしまう方法とか、
ウェブ自体を交換してしまう方法などなどがあるのですが、
今回は、見た目と使用感を損なわない方法で修理致しました。
こんな感じです。

これでは、解りにくいのでもう一枚。

破れた箇所の内側に革を一枚充ててミシンで縫っています。

アップの写真で見ると、少々気になりますが、実際には、ほとんど気にならない程度で修復できます。
こんな感じです。

ちなみにこの光沢としっとり感を出しているのは、当店おすすめのドロース君です。
こんなにしっとり感を出してくれているのに、ほとんど重たくなりません。
本当におすすめです。またドロースのことも紹介しますね。

ではでは。

「いいね!」ボタン

営業日カレンダー

Copyright(c) 2012 京美堂運動具店 All Rights Reserved.